モバイルバッテリー決定版!10000mAhモバイルバッテリー対決。シリコンパワーとAnker比較

家電・ガジェット

Amazonプライムデーで購入したシリコンパワーC10QC(SP10KMAPBKC10QCWJE)

シリコンパワーのモバイルバッテリー

Amazonプライムデーでの収穫物、モバイルバッテリー!

今回は、オススメのモバイルバッテリーのご紹介です。

家での充電事情

帰宅して、スマホの電池がない!
充電しなきゃと定位置で充電してませんか?

充電しながら使いたいのにコンセントが届かないと諦めてませんか?

そうです、そこでモバイルバッテリーです。

我が家では、モバイルバッテリーは家で使います。(たまに旅行行くときに)

モバイルバッテリーは持ち運び用と思ってるかもしれませんが、

家で使うのが正解です。会社や車中では充電もできるのであまり困りません。

また、最近のスマホはバッテリー容量が大きくなり、一日バッテリーが持ちます。

なので、家に帰ってきて充電がなくなります。

使いたいのに使えないというジレンマ解消してくれます。

我が家のスマホのモバイルバッテリー使用状況

我が家のモバイルバッテリーは、3台稼働中。
妻用、私用、二階用といった感じ。

モバイルバッテリーも急速充電対応品必須。

パワーデリバリー

スマホのバッテリーはどんどん容量が大きくなって来ています。

モバイルバッテリーも急速充電に対応したものを選びましょう。

安いものを買うと後悔します。

信頼のあるPSEマーク付きを選ぶ

シリコンパワーのモバイルバッテリー出力、入力

モバイルバッテリーは2019年以降は電気用品安全法でPSEマークのないものは販売中できなくなりました。

激安のモバイルバッテリーは要注意です。マークだけ偽造してたりする可能性も。

PSEマーク+届出事業者名等の表示が義務あるようです。

ある程度、大きなメーカーを選んだほうが無難です。

性能比較

充電ポート(充電・給電)

シリコンパワーのモバイルバッテリーポート

給電・充電両対応

給電と充電どちらも対応してるのがUSBタイプCです。

一番早い急速充電できる規格がUSB-Cを利用するものです。
USB-C付きのものを選ぼう。

充電ポート

USB端子が2つあると同時給電が可能なので、数の多いものを。

外出先で急遽、妻のスマホも充電したいときなど便利です。

  • 給電ポート

MicroUSBとUSB-Cがあります。

迷わずUSB-Cを選ぼう。

今後のスタンダードになります。MicroUSB使われなくなって行くでしょう。

モバイルバッテリーのサイズ

シリコンパワーモバイルバッテリーのサイズ感

持ち運びするのでサイズ、重量が重要です。

10000mAh

コンパクトで重量も小さく、容量もたっぷりあり使いやすいです。

家で使うのはこのサイズが一番です。

5000mAh

容量が小さく一回でスマホが満充電できない可能性あり。

20000mAh

容量が大きくいいのですが、大きく重すぎます。

キャンプ、動画生配信など大量に使用するときによく使われています。

オススメの10000mAhモバイルバッテリー候補

今使っているモバイルバッテリーがヘタって来たので、Amazonプライムデーで色々吟味していました。

今回見つけたのが、シリコンパワー(Silicon power)のC10QCです。

老舗メモリメーカーのSiliconPower

王道のAnker

Sillcon Power C10QCとnker PowerCore 10000の比較

Sillcon Power C10QC
(SP10KMAPBKC10QCWJE)
Anker PowerCore 10000
容量10000mAh10000mAh
サイズ90.5×62×22.292×60×22
重量184g±15g約180g
充電 規格USB Power Delivery・Quick Charge対応PowerIQ VoltageBoost Quick Charge
ポート数3ポート1ポート
入力電力Micro-B:5V/2A・9V/2A
USB Type-C:5V/2A・9V/2A
5V=2A
ケーブル
USB端子USB-C対応Micro USBケーブル

サイズ

シリコンパワーとAnkerのモバイルバッテリー比較
シリコンパワーとAnkerのモバイルバッテリー比較厚み

どちらもサイズはほぼ同じです。若干、シリコンパワーのほうが重たいが誤差の範囲です。

Sillcon Power C10QC

重さ184g
90.5×62×22.2mm

Anker PowerCore 10000

重さ180g
92×60×22mm

ポート

シリコンパワーとAnkerのモバイルバッテリー比較ポート

シリコンパワーの方が発売日が新しいのでポートが充実しています。

Sillcon Power C10QC

MicroUSB(給電)

USBタイプC(給電+充電)

USBタイプA(充電)×2

Anker PowerCore 10000

MicroUSB(給電)USBタイプA

価格

Sillcon Power C10QC

Amazonプライムデーで1645円(329pt)で購入。約1300円でコスパがかなり良いです。

(2021/07/15現在 1890円)

Anker PowerCore 10000

アンカーはモバイルバッテリーの先駆者なので価格があまり下がりません。

2021/07/15アマゾンで2799円です。

コスパ最強!モバイルバッテリーはシリコンパワーのC10QC

シリコンパワーのC10QCを紹介させてもらいました。

安価でコスパも高く、アンカーに匹敵する品質です。

「長く使えるか」はこれからですが、期待しています。かなりオススメです。

追記 2021/08/13

ひとつ小さな難点を発見。

USBタイプCとMicroUSBがポートが近すぎて同時に使用できません。

例えば、MicroUSBでバッテリーに充電、USBタイプCで充電する際に、どちらか片方の抜かないならず少しの面倒です。

給電用のケーブルを付けっぱなしで使うことが多いので少し不便です。

タイプCだけで充電と給電が出来るのでACアダプター側の抜き差しすれば問題ありません。

コメント