偽物注意!浄水器のクリンスイ互換品の真実!クリナップ・LIXILなどの浄水器カートリッジ節約方法!

マイホーム
クリナップとクリンスイカートリッジ

浄水器カートリッジのメーカーは?

メーカーによって様々種類があると思いますが、作っているのはほとんど下記のお水メーカーのOEM。

浄水器のお水のメーカー

・クリンスイ(三菱ケミカル)
・東レ TORAY
・クリタック
・メイスイ

ポイントは給水の接続口!

アンダーシンク型カートリッジホースの接続口の形状は主に2種類あります。現在はクリンスイで使用されている接続口多いです。

クリンスイ型

クリンスイ型とはUZC2000 /BUC12001と同じタイプ

クリンスイ接続口

使用されているメーカー

タカラスタンダード
LIXIL(INAX)
サンウェーブ
TOTO
クリナップ
ミサワホーム
※TOREYなどもクリンスイと同じ接続口。

メイスイ型(あまり使われていない)

メイスイのM-100と同じタイプ。

メイスイ接続口

使用されてるメーカー

メイスイクリナップ一部(CJMEA)等

接続口が同じなら全て付く!

アンダーシンク型のカートリッジ比較

皆さんメーカー品はしか使ってはいけないと思われますが、接続口が同じなら全て付きます。カートリッジのOEM元のクリンスイのスタンダードカートリッジをつけましょう。

浄水能力

クリナップカートリッジ浄水能力
クリナップ浄水器能力

カートリッジの種類によって除去項目が異なります。
メーカーによっては若干違うところがありますが、クリンスイのスタンダードタイプとクリナップの項目を確認したことろ同じでした。

※LIXILはハイグレードタイプで17+2。クリンスイにもありますが、あまり流通してないです。

項目数が違う!?

クリンスイカートリッジ浄水能力

除去物質表示が13→12になっています。
クリナップ13項目表記、クリンスイは12項目
これは、JIS規格の対象から 「1.1.1-トリクロロエタン」が外されたことによるものらしいです。

旧モデルの13項目あるものと新モデルで、中身は一緒です。

容量が違うが、使用期間は一緒。

浄水器カートリッジ比較

クリナップの方が浄水器のサイズが大きいために、濾過容量が違います。

水量を多く使う方には、注意が必要です。

ただ、使用期限は一年になっています。
雑菌や能力の低下もあるので一年に変えてくださいと言うことでしょう。

うちの使用方法を考えると20Lも使いません。
お茶1日4L。コーヒー1日1L。炊飯1日1L。
料理(スープなど)1日4L。飲料水1L。
(MAX利用したところ考えてます)

価格差

クリナップ 約10150円

クリンスイ 約8300円

(AMAZON調べ)

安すぎるものは注意!

クリンスイのカートリッジでも様々あり
安すぎるのものは除去成分が少ないものあります。型番をしっかり確認してみましょう。

BUC12001➡スタンダード品

偽物が横行している!

どこのメーカーでも、浄水器カートリッジ残念なことに偽物が横行しているようです。

下記のことを守れば正規品を変える確率が上がります!

★旧モデルは買わない

クリンスイUZC2000偽物注意

UZC2000 ➡BUC12001にモデル変更しています。UZCは販売期間が長くコピー品はの確率を高くします。新モデルを買いましょう。

★AMAZON、フリマは利用しない!

AMAZONは個人、海外からでも販売が可能。
フリマも中身の確認ができないのでやめておきましょう。

★楽天・Yahoo!を利用する

楽天やYahoo!ショッピングのショップは、出店審査や高めの出店料を払って出店してるので、ちゃんとした店舗が多く、正規ルートから卸している可能性が高い。

★シリアルナンバーありを購入しよう

クリンスイカートリッジのシリアルナンバー

最近のモデルにシリアルナンバーがあるそうです。確認しましょう。

お水は嗜好品ですが、浄水器のランニングコスト削減してみましょう。

おすすめカートリッジ

クリンスイの新型番カートリッジBUC12001

楽天お買い物マラソンの時などに買っておくとポイントもお得にたまります!

2022/07/08現在!価格が上がってます物価上昇中!二本などまとめ買いするとありだと思います。

以上、参考になれば幸いです。

関連記事

コメント