自分で新築のカーテンとカーテンレール取付(タチカワブラインドのファンティア)

マイホーム

レースカーテンの取り付け

タチカワブラインドのファンティア

断熱性重視ならの優秀なハニカムシェードを付けるのが主流だと思います。

うちの嫁がカーテン派でした。

また、小さい子供もいるのですぐ壊れるということ観点からもカーテンでいこうということに。

どうやって付けるか??

かなり悩みました。

通路に大きな窓があるため、ダブルの正面付けだと、幅を取りカーテンが邪魔になる。

また窓枠内だとダブルはサイズ的に付けられない(つけられるかもしれないがかなりダサくなる)

うちが採用した方法が、

シングル窓枠内天付け(レース)
シングル正面付け(遮光)

です。

今回は、レースカーテンの取り受け紹介です。

採用した部材

タチカワブラインド ファンティア ホワイト 

タチカワブラインドのファンティア

切り売り可能!
多色展開!
ワンタッチブラケット取付簡単!
様々な取り付け方法!

カーテン KEYUCA オーダー 妻厳選 レースカーテン

タチカワブラインドのファンティア+KEYUCAレースカーテン

レールの寸法から細かくサイズみてくれて、寸法ばっちりでした。

❗️ポイント❗️

①レールは窓枠内に付けるなら-1cmでオーダーするとピッタリです。
※最悪金ノコで切れます。

②レースカーテンはレール分引いた高さで!開いた時きれいにたためます。

取り付け方法

①レール、カーテンの採寸購入

タチカワブラインドのファンティア


寸法しっかり計りオーダーしましょう。

②レールの穴あけ

ファンティア天付けスペーサー

レールのブラケットを見せないように今回は天付けスペーサーを購入しました。

長さオーダーだとセットでは販売しておらず、別購入必要です。

こちらはレールの穴あけが必要です。(マイナポイントで買ったインパクトドライバーが活躍しました。ドリルの刃はダイソーに売ってます😃)

③レースカーテンを当てて奥行き確認。

マスキングテープで目印つけて、ビス軽く打ち、マスキングテープはずしてその穴に本締めします。

カーテンつければ完成です。

かなり、オーダーがシビアですが、なかなかうまくいきました!

写真の窓はとりあえず目隠しで、ダイソーのフィルム貼ってます😅

コメント