<外構費用削減>砂利敷き込みは体力勝負!外構の砂利をDIY!自分砂利を敷き込みに挑戦! 

マイホーム
<外構費用削減>砂利敷き込みは体力勝負!外構の砂利をDIY!自分砂利を敷き込みに挑戦!


引っ越し作業がまだまだ片付いてませんが、注文していた砂利が入荷したとのことで、砂利敷き込みを決行!

前回(下記記事)で、防草シートの敷き方をご紹介しました!

今回はその上から砂利を敷きます。

砂利量を計算

一般的な換算では、1平米あたり60~80kg必要と換算されているようです。

これで3~4cmの厚みみたい。

うちは、砂利の敷く部分を計算したら、24平米ありました。

1平米に最低限3cmで、60kg必要になるので合計で1440kg!?

すごい量です。

ホームセンターの砂利は一袋20kgです。72袋必要になります!

とりあえず70袋を注文しました😅

砂利選び

ホームセンターで砂利を吟味。防犯砂利

色々砂利はあり、防犯砂利も検討しましたが、やはり高い。

使う数量も多いので
近所のホームセンター島忠で購入する事に。

島忠ホームズのシマチュー川石(大)

一番安いランクの200円ぐらいの川石(大)をチョイス。

破砕石よりもすこしでも柔らかいイメージになると思い、川石にしました。
 
建材屋さんの方が安く購入出来ると思うのですが、近くに店がなく敷き込み場所への移動も袋詰めの方が持ち運び出来るので多少高くてもホームセンターのものにしました。

①砂利運搬!

砂利を防草シートに上に置いていきます。

防草シートは雑草問題もあるので一番最初に敷いておきましょう)

かなり重労働です。
購入して運搬します。

ホームセンターで軽トラ貸してくれるところがあるので借りて運ぶことが出来ます。
(私は父が軽トラを所有してたので借りました)

※軽トラは積載量350kgがMaxです。何回も往復必要なので、近いホームセンターがおすすめです。
(容積的にはもう少し乗せられますが、、、)

家まで運べたら、敷く位置まで袋を運び並べましょう。

②袋を開きます❗️

砂利を防草シートに上に置いていきます。袋を開く!

子供と妻みんなで作業。
砂利いじりなので、子供は喜んで遊びながらやってました。

③ならして完了。

砂利を防草シートに上砂利敷き込み完了

防草シートと砂利を敷く前に凸凹をなるべく平らにしてあげた方楽にならせます。

平らじゃないと防草シートが見えてしまうところが、出てくるので余計に分量が必要です。。

また、足らない部分が出てくるので、5袋ぐらいは予備で別に置いておき最後に追加して入れましょう。

完成❗️❗️

防草シートのはみ出しご愛嬌。後で切ります😅

🔶外構で使う工具はこちら



追記 野良猫のうんち被害発生中

実は、いま猫ちゃんのうんちくん💩問題が発生中。

色々対策をして、効果があった対処方法をご紹介!

コメント