Spreadとは?NFTを無料でもらえる(GiveAway)配布支援サイト!

NFT・投資

Twitter×NFTのギブアウェイ(GiveAway)の関係

Twitter上でNFTのギブアウェイ(GiveAway)企画が多く見られます。

それは、NFTクリエイターがTwitterを利用して知名度を上げていく方法です。

無料でNFTを配布して、その代わりフォローしてもらい、記事を拡散してもらうという仕組みです。

Twitterのプレゼント企画と同様です。ですが、それが悪ではありません。

知名度を上げる必要があるのは必然で、広告と同じ原理になります。

受ける側も「応援」という形で認識して参加していくことをおすすめします。

spread(NFT)のギブアウェイ(GiveAway)参加
Pure’s Atelierさんのツイートをお借りしました。

ギブアウェイ(GiveAway)は詐欺が多い

ただ、それに乗じて詐欺も横行しているので注意が必要です。

詐欺の内容としては、ギブアウェイと名乗ってURLのリンクをクリックさせて、情報を抜き取ります。最悪ウォレット(自分のコレクションや仮想通貨ETH)が全て抜き取られるという事態が発生します。

十分注意しましょう。

詐欺のツイートを見分けるコツ

  • フォロワーが少ない人のギブアウェイには乗らない
  • 自分のフォローしている人(信用できる人)がフォローしてツイート主は怪しむ。
  • ニセアカウントに注意(インフルエンサーを偽装している場合がある。フォロワー数など注意する)
NFTのギブアウェイ(GiveAway)偽物注意

ギブアウェイ(GiveAway)をサポートするのが「spread」

NFTのギブアウェイ(GiveAway)応援サイトspreadとは?

ギブアウェイ(GiveAway)を受ける側も、送る側にもメリットのあるサイト「Spread」(https://www.0xspread.com)を利用すると簡単で安心に受け取ることが出来ます。

Spreadの運営会社は?

株式会社nessという会社が運営されているようです。
2021年に創業されているベンチャー企業さんでしょうか。まだ小さい会社かと思います。
シンプルでわかりやすいサービスなので将来性に期待。

会社名株式会社ness
業種情報通信本社
URLhttps://ne-ss.xyz
設立2021年10月
資本金1000万円
所在地神奈川県川崎市麻生区上麻生7-18-24 サンライズ柿生A201
代表者名住居 尚弥
Twitter@0xSpread

下記が「Spread」プレスリリース

株式会社nessのプレスリリース|PR TIMES
PR TIMESで配信された株式会社nessのプレスリリース一覧です(最新配信日:2022年11月8日 12時30分)。株式会社ness|株式会社nessは「未知の体験と、人の心を揺さぶるプロダクトを」をミッションに掲げ、ブロックチェーンとNFTの技術を用いてプロダクトを開発する企業です。現在、NFTクリエイター様向け...

NFTをプレゼントする側のメリット

Twitterと連動して「クエスト」を作れて、クリアーした人へNFTを届けることができます。

配布枚数(ミント数)も決められて特別感も確保出来ます。

詳しい用途とメリットは下記の通りです。配る側もとても嬉しい機能が満載です。

  • アカウントのフォロー(自分アカウントを周知させる)
  • ツイートに「いいね」(良質なツイートと判断)
  • リツイート(情報を広める)
  • フォロワー数(配布する人の選定、偽造アカウントの排除)
  • パスワードの設定(ディスコードなどのコミュニティへの参加)
spread(NFT)のギブアウェイ(GiveAway)クエストとは?

NFTをもらう側のメリット

ログインが簡単です。

spread(NFT)のギブアウェイ(GiveAway)のログイン方法
MetaMaskを所持している人

MetaMaskでログインしてTwitterと連携させるだけです。

※こちらはスマホでやるとMetaMask上のブラウザでTwitterの連携がうまく行かない場合がありました。私はその不具合でうまく連携出来なかったので、グーグルのアカウントを取得して登録しました。

Googleアカウントが利用可能(MetaMaskでうまく行かない人推奨)

chromeを使ってGoogleアカウントでログインすることで、新たにウォレットを作ってくれます。chromeブラウザだけで完結ができシンプルです。

NFTをもらう専用のウォレットが作れます。

Twitterと連携してNFTをもらう

下記のようにアカウント設定でツイッタと連携出来たら、NFTをもらう準備は完了です。

spread(NFT)のギブアウェイ(GiveAway)アカウント設定

ギブアウェイ(GiveAway)企画を見つける

Twitterやspreadでギブアウェイ(GiveAway)企画を見つけたら、URLをクリックしてspreadを表示させます。

spreadを表示させてゲーム感覚でクエスト(フォロー・いいね・リツイート)をクリアすると、NFTをゲット出来ます。

注意:リンクをクリックするときは慎重に

今の所、日本のサービスのようなのであまり詐欺は横行してないですが、URLをクリックするときはやはり注意です。下記のspreadさんのURLをよく覚えておき、クリックしましょう。

Spread
SpreadはTwitterと連携したクエストを作成し、達成者にNFTを配布できるツールです👋

詐欺など今後増える可能性があるので、むやみやたらに貰うことは推奨しません。

お気に入りのクリエイターがいたり、応援したいと思ったらNFT頂戴してコレクションを広げるお手伝いをしましょう。

詳しいNFTのもらい方をまとめました!

0円でNFTを貰う方法を記載しています。使い方がわからない方は一読ください。

👇👇詳細はこちらから👇👇

もらったNFTの確認

spread上でもらったNFTを閲覧可能です。Openseaでも見れるようになっています。

spread(NFT)のギブアウェイ(GiveAway)もらったNFTの確認
spread(NFT)のギブアウェイ(GiveAway)もらったNFTをオープンシーで確認
spread(NFT)のギブアウェイ(GiveAway)もらったNFTをオープンシーで確認

サポートもちゃんとしてくれた!

GoogleアカウントでもらったNFTがどこのウォレットにあるかわからない(管理出来ない)。という疑問がありました。

spread(NFT)サポート体制

そこで、質問はTwitterでという記載があったのでDMにてお送りさせていただいた所丁寧にご回答いただけました。

サポートもしてくれるので好印象のサービスになっています。

参考になれば幸いです。

Googleアカウントで登録したウォレットの設定

SpreadでGoogleのウォレットを作れたけど使い方がわからない。という声がありましたので下記で紹介しています!

👇👇下記リンクよりご覧いただけます👇👇

お気に入りのNFTをが貰えない場合は買うことも可能

お気に入りのクリエイターのNFTをが貰えなかった場合、そのクリエイターは必ず、NFTをも販売しています。

駆け出しクリエイターの方も多いで、1000円〜3,000円程度からNFTを購入できたりします。
NFTを買うには、イーサ(ETH)が必要になるので取引所で交換します。

有名なコインチェックから・ビットフライヤー・ビットポイントなど色々ありますが、表示価格や手数料など細かく違います。

NFT購入する場合はウォレットに送金する必要があるので「送金手数料」が無料の取引所がおすすめです。ビットポイントは送金手数料が無料なのでおすすめです。

詳細、は下記バナーからご覧いただけます。

BITPOINT

<関連リンク>

コメント

タイトルとURLをコピーしました